パスポートの申請/ワーキングホリデーinオーストラリア

パスポートを取得する

パスポートは、海外で身分を証明する唯一の公文書です。これがないと、日本を出国することも海外に入国することも、ビザを取得することもできません。まだ持っていない人は早め早めに取得準備を始めましょう。

スポンサードリンク

また、すでにパスポートを持っている人も有効期限を確かめておきましょう。ワーキングホリデービザを申請するときには、滞在予定の1年間の間に期限が切れてしまうパスポートでは申請できません。該当するようであれば、早めに更新の手続きをしましょう。

パスポートの申請に必要な書類

① 一般旅券発給申請書 1通

申請書はパスポート申請窓口で入手できます。申請書は5年有効なパスポート申請用と10年有効なパスポート申請用の2種類に分けられています。

② 戸籍謄(抄)本 1通

申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。

③ 住民票の写し1通

本籍の記載が必要。申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。

④ 写真 1葉

縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なしで、無背景(薄い色)の写真。
申請日前6ヶ月以内に撮影されたもの。無帽で正面を向いたもので、申請書に記載されている規格を満たしていることが必要。写真の裏面には申請者の氏名を記入。

⑤ 郵便はがき(日本郵政公社が発行する通常はがき) 1枚

未使用のもの。宛先として住民票に記載されているとおりに申請者の住所、氏名を記入。

⑥ 申請者本人に間違いないことを確認できる書類

運転免許証や宅地建物取引主任者証などであれば1つ、それ以外であれば2つ提示を求められる場合があります。

パスポート申請書類の提出

パスポート申請に必要な書類がそろったら、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請して下さい。

外務省-パスポート担当窓口一覧

申請に出向く時間がないような場合には、代行申請してもらうことも可能です。(ただし、受け取りは本人が行かなければなりません。)

パスポートの受領

申請から受領までに、通常1週間程度(土・日・休日を除く)かかります。
パスポートを受け取る時には以下のものを持って、本人が必ず交付(申請)窓口に行かなければなりません。

1.日時・窓口を記載した受領指示ハガキ(申請した後、数日で自宅に届いたハガキ)

2.申請の時に渡された受理票(受領証)

3.手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙)
(10年は16,000円、5年は11,000円)

パスポート申請の詳細について

パスポート申請の詳細については、外務省の公式ページにてご確認下さい。

外務省ホームページ
外務省-パスポートの申請から受領まで

スポンサードリンク

格安航空券の予約.com

この記事のタグ

サイト内関連記事

渡航の時期・タイミング/ワーキングホリデーinオーストラリア
オーストラリアへのワーキングホリデー・ビザの許可がおりると、ビザが発行された有効......
ビザの申請/ワーキングホリデーinオーストラリア
インターネットによる申請 現在ワーキングホリデー・ビザは、オーストラリア大使館の......
航空券の手配/ワーキングホリデーinオーストラリア
ワーキングホリデーへ出発する時期が決まれば、その出発日にあわせていろいろな準備を......
海外旅行保険への加入/ワーキングホリデーinオーストラリア
必ず海外旅行傷害保険に加入 どんなに健康に自信があるという人でも1年間、病気やケ......
出発に必要な準備金/ワーキングホリデーinオーストラリア
ワーキングホリデーの費用 ワーキングホリデーという最長で1年間といった期間限定の......
トラベラーズチェックと銀行口座開設/ワーキングホリデーinオーストラリア
トラベラーズチェック 日本で用意したお金を、どのようにして持っていったらよいかと......
クレジットカードの取得/ワーキングホリデーinオーストラリア
1枚は持っていきたいクレジットカード いまや、ひとり1枚は当たり前となったクレジ......
国際運転免許証の取得/ワーキングホリデーinオーストラリア
国際運転免許証とは 原則として海外で車を運転するには国際運転免許証が必要です。オ......
エージェントについて/ワーキングホリデーinオーストラリア
ワーキングホリデーを考えている方なら「エージェント」という言葉を耳にしたことがあ......

関連ニュース

▲このページのトップへ