制度と資格について/ワーキングホリデーinオーストラリア

ワーキングホリデー・ビザの発給条件

ワーキングホリデー・ビザ発給の条件は、各国によって多少規則は異なるが、共通する点は次のようになる。

スポンサードリンク

① 日本国に居住する日本国籍を持つ者。
② 一定期間は、主として休暇を過ごす意図を有すること。
③ 最初の滞在期間における生計を維持するための資金を所持していること。
④ 健康であり、健全な経歴を有すること。

ワーキングホリデー、オーストラリアの受け入れ条件

年齢制限18歳~30歳(ビザ申請日に18歳以上で31歳になっていない事。)
滞在期間最高12ヶ月まで滞在可能
英語学校最高4ヶ月まで可能
雇用期間1雇用主のもとで最高6ヶ月就労可能
健康診断病歴、過去の滞在地、活動分野により健康診断要
医療保険自己負担
子供の同伴不可
伴侶の同伴
出入国制限なし(ビザ有効期限内は出入国が何度も可能)

ビザの発行機関

インターネットによる申請、もしくは大使館に申請書記入の上、申請する。

オーストラリア大使館
〒108-8361 東京都港区三田2-1-14
オーストラリア大使館 ホームページ

スポンサードリンク

格安航空券の予約.com

この記事のタグ

サイト内関連記事

ワーキングホリデーとは/ワーキングホリデーinオーストラリア
ワーホリって何? ワーキングホリデーとは「ワーキングホリデー制度」のことで、通称......

関連ニュース

▲このページのトップへ